女性と腰痛の特徴

女性と腰痛の特徴

女性の腰痛は男性の腰痛とは違う部分があります。それは生理や出産など女性特有の体質からなるものです。ですから男性の腰痛の治療法方とは違っているものも多いです。妊娠すると普段とは違うホルモンが出てきます。

 

産前と産後では出るホルモンが違うためからだが変化します。その結果痛みを伴いながら、出産の準備をするというふうになります。お腹が大きくなること自体が腰にも悪いです。生理でも腰痛が出るという女性もいますね。人によって程度は違いますが、かなり多くの女性が悩んでいます。

 

更年期になってもホルモンバランスが変わります。こういう痛みは自覚したらすぐに病院にいきましょう。他の病気が原因ということも考えられますから、放っておけば治ると思わないことです。

 

腰痛は骨盤がおかしくなり痛みが出るものや、骨粗しょう症や怪我など骨からくるものや、神経からくるものがあります。腰痛は放っておけば他の症状を出すことがありますから気を付けてください。

 

また治療を失敗したり、しないで放置したりすると慢性化、悪化していきます。治療法方も適切なものを選ばなければいけません。医師の診断次第ですが効果の薄い治療や、悪化する治療などもあります。

 

しかし、素人が判断できるものではありませんので、信頼できる専門家を探すしかありません。またストレス、不摂生も原因になっている場合があります。腰痛になりにくい環境を自分で作り出していくことが大事でしょう。病院は予防については注意しかできませんから、自分自身で予防してください。
 


このページの先頭へ戻る