椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの説明をするためには、背骨の構造について少し知っておいた方がいいでしょう。背骨は二十四の小さな骨が あり、くっついてできています。骨と骨の間には椎間板があります。

 

椎間板は饅頭の皮と餡のようになっており、餡が髄核、皮が繊維輪軟骨となります。外の皮の部分に強い力がかかり、中の餡の部分が外に飛び出した状態がヘルニアです。この状態ですと神経を刺激するため神経痛が起こるということになります。

 

ヘルニアになると、腰以外の部分に痛みが出ることがあります。しかし、原因は脊椎にありほとんどの場合手足には全く問題がないのです。仮に足などに痛みなどがあり、腰の動作と共にそれが起こるのならば椎間板ヘルニアかもしれません。

 

仰向けになり足を真上の方へ時間をかけて上げてみるとわかるでしょう。この動作が痛すぎて無理ならばヘルニアの可能性があります。痺れ、痛みではなく、力が入りにくいといった場合、他の種類の腰痛かも知れません。

 

ヘルニアから起こる問題は様々です。最初の頃ほど酷い痛みを伴い、歩くのや咳き込んだりすると痛くて動けなくなります。立つのも大変だったり、臀部に痛み、しびれが 前屈みになるのも辛いでしょう。

 

背骨の二十四ある骨のうち四つ目と五つ目に異常を起こす事が多いです。なってしまったらとりあえずは、痛みの少ない姿勢で横になりましょう。いろいろ動かして試してみると悪化する恐れがあります。よく多いのが若い人がどの部分が痛いか調べるために動かして悪化させるパターンです。
 


このページの先頭へ戻る