ぎっくり腰にいつなるのか

ぎっくり腰にいつなるのか

腰痛の種類にはいろいろありますが、ギックリ腰は若い世代も含めて誰がなってもおかしくありません。重労働の仕事をしている人がなる病気と思われていましたが、最近では姿勢のわるい若者もなるといわれています。

 

運動不足によって筋肉量が減っている、それによって筋肉に部分的に大きな負荷がかかる、などいくつかの理由が考えられます。仮に、自分の年代ならばギックリ腰にはならないだろうと思っているのなら、後悔することになるのかもしれません。ならないから生活習慣を改善しなくてもいいとか、姿勢が悪くてもいいとか思っているとギックリ腰に突然なるという事もあります。

 

ギックリ腰は急性腰痛と呼ばれています。いくつかの原因がありますから、ギックリ腰になればその原因は何なのか突き止めなければ行けません。でなければ、またギックリ腰となるでしょう。また、原因を間違えれば効果のない治療をするということになります。

 

こうなれば治りにくいというだけではなく、長期間にわたって腰痛が続きます。ギックリ腰の場合、痛みを自覚するのはある瞬間からですが、それまで確実に疲労がたまっているからこそ腰痛となります。

 

つまり仕事や日常生活に腰痛になる原因があるわけで、それを改善できない場合また腰痛となる可能性があります。悪い姿勢から、一部の筋肉への負荷が大きくなり、最終的に腰痛となります。また、ストレスや不摂生も腰痛の原因のひとつです。腰痛とストレスは関係があります。不摂生は自分自身では直しにくいかもしれません。家族と一度相談するといいかもしれませんね。
あとは定期的な体のメンテナンスも必要になってきます。自由が丘で評判の整体であるこちらの様な整体医院に定期的に通うというのもひとつの手段です。


このページの先頭へ戻る