妊婦さんの腰痛

妊婦さんの腰痛

妊婦さんの場合、お腹が大きくなれば、それだけ腰にかかる負担が大きくなるわけですから、当然腰痛を発症するケースも多くなりやすいですが、まだお腹が全然大きくなっていないにもかかわらず、腰痛を発症するケースも少なくありません。

 

 

 

 これは、「ストレスが原因の腰痛」や「生理前の腰痛」と似たようなメカニズムで起こる腰痛です。妊娠することによって、ホルモンバランスが崩れやすくなることで、腰痛が発症します。

 

 妊娠中には「リラキシン」と呼ばれる物質が大量に分泌されるのですが、この分泌物には、身体の関節を緩める作用があり、これによって腰痛が発症しやすくなると考えられています。

 

 

 

 なお、関節を緩める作用があるリラキシンが過剰に分泌するのは、出産に備えて骨盤を緩める必要が生じるからです。そして、その分腰の筋肉がよりがんばろうとするために痛みが生じるということになります。

 

 このケースでは、とにかく身体を温めることを優先的に考えてください。特に、骨盤周辺を温めることで、痛みは緩和することが多いです。また、身体を温める効果が高い食材(たとえば「ショウガ」など)を摂取する頻度を高くすることなども、腰痛解消の方法としては効果が期待できます。

 

 

 

 習慣的に、シャワーだけで済ませてしまう女性が多いようですが、妊娠中の腰痛の際には、しっかりと湯船につかって、身体の芯までじっくりと温めることが重要です。また、入浴後に身体を冷やさないようにするために、腹巻やマタニティパンツを着用するのも良い方法と言えます。


このページの先頭へ戻る