腰痛で病院に行くときの注意

腰痛で病院に行くときの注意

腰痛が、単に筋力の低下や骨格の形成異常だけが原因ではないという人にとって、腰痛で病院に行くとなったとき、どんな病院に行けばよいのか迷ってしまうことがけっこうあると思います。

 

 基本的には、「整形外科」で受診するというスタンスで問題ないと言えるでしょう。おそらく腰が痛いという自覚症状が出る前に、その原因が分かっていたというケースは多くないと思われますので、腰が痛いなら、まずは整形外科で診てもらうことにしましょう。

 

 

 

 問診や触診のあと、もしかしたら検査をすることになるかもしれませんが、検査をしても外科的要因が見つからなかった場合には、今度は内科の病院などをすすめられることになると思います。万一内科的要因が腰痛の原因であったとしても、整形外科のお医者さんは知らん顔したりしませんので、その点は安心してください。

 

 それと、たとえばぎっくり腰などのように、急性腰痛に襲われたケースでは、自力で病院に行くのもたいへんなときがありますので、そういうときには、少し安静にしてしばらく様子を見てみるほうがよいかもしれません。それでよくなってしまうケースもけっこうあります。

 

 

 

 しかしそれで全然良化が見られず、逆に悪化するようなことがあったら、今度はお医者さんで診てもらうようにしたほうがよいでしょう。

 

 整形外科以外では、「整骨院」という医療機関もありますが、整骨院の場合は、基本的に「レントゲン検査」が行われないという特徴があります。その点では、もしかしたら整形外科のほうが安心感が大きいかもしれません。

 

 

 

このページの先頭へ戻る