自分で圧せる腰のツボ

自分で圧せる腰のツボ

東洋医学の分野では、「ツボ」と呼ばれるポイントを指圧することで、さまざまな病気を改善したり治癒したりできるとされていますが、腰のツボに関しても、多くの人がこれを取り入れ、腰痛緩和に大きな効果を得ているという話をときおり耳にします。

 

 

 

 とはいえ、ツボを圧して腰痛が緩和できるのは、あくまでも疲労性の腰痛だけです。外科的要因がはっきりしている腰痛の場合、ツボを刺激することで一時的に痛みを和らげることができますが、完治は無理と考えてください。

 

 で、腰痛に効くとされるツボはどこにあるかというと、これは「背中のツボ」ということになります。したがって、よほど腕が長い人でない限り、直接ツボを「指圧」することは不可能でしょう。

 

 

 

 そんなとき、とっておきの方法があります。それは、「自分の体重を利用してツボを圧す」という方法です。
一番理想的なのが、「硬式のテニスボール」でしょう。野球の軟式ボールでもできないことはないですが、硬式のテニスボールのほうが優しい当たりなので、できれば硬式のテニスボールを用意してください。そして、仰向けになって、そのテニスボールの上にそっと身体をずらすようにして、背中のツボを刺激するのです。あまり長時間やりすぎると痛くなってしまうので、そんなに長時間である必要はありません。

 

 

 

これを行うと、背中のツボが刺激されて、全身が軽くなったような感覚になり、腰痛もだいぶ和らげることができるはずです。
この方法なら、時間もお金もかからないですから、おすすめの方法ですよ。

 

このページの先頭へ戻る