腰痛の緩和と予防

腰痛の緩和と予防

慢性的な腰痛になっていない人からすれば、腰痛などには罹らないほうがよいと考えられるでしょうし、すでに慢性的な腰痛に悩まされている人にとっては、できるだけ腰痛を緩和したいと考えるでしょう。

 

 

 

 腰痛の予防や緩和には体操がよいという話は昔から言われていることで、これは、腰の筋肉を柔らかくほぐす意味合いがあることからそのように考えられてきましたが、実際、慢性腰痛の場合は体操(ストレッチ運動)を取り入れることで、痛みが緩和することがあります。

 

 とはいっても、めちゃくちゃに体操すればよいというものではもちろんありません。それなりに腰の負担を考えた体操を取り入れることが重要です。
 腰痛を緩和、予防するための体操は、腰の筋肉を伸縮させる運動が好ましいでしょう。とは言っても、急激な動きは逆に腰の負担になるおそれがありますので、絶対に避けなければなりません。ゆっくりと、腰の筋肉を伸ばし、ちぢめるのです。

 

 

 

 また、体操を始める前には、できるだけ身体を温めておくことでよりプラスが大きくなります。これも前のほうでお話しましたが、腰に限らず身体の筋肉というのは、温かいほど伸びが良くなり、その分腰痛が緩和しやすく、また、予防もしやすいことになります。

 

 ですから、入浴前ではなく入浴後に腰の筋肉を伸ばす体操をするのがよりおすすめになります。腰の曲げ伸ばしだけではなく、身体が温まった状態で全身のストレッチ運動も取り入れることで、身体全体の筋肉がほぐれますので、リラックス効果は絶大です。ですから、腰の体操のあと、全身のストレッチ運動も取り入れるのがさらにおすすめです。

 

 

 

このページの先頭へ戻る