あなたの腰痛はどこから?病気と腰痛のp因果関係

腹筋運動の注意

腰痛の改善のひとつの手段として、腹筋や背筋など、いわゆる「自前のコルセット」を鍛えることが有効であるとされますが、特に腹筋運動の際には、腰痛をさらに悪化させてしまう可能性もあるので、腹筋の方法は非常に重要であると考えるべきでしょう。

 

 

 

 もちろん、腹筋の際にできるだけ腰に負担をかけないことが重要になってくるわけですが、しかし、腰に負荷をかけないような腹筋運動というのも、口で言うほど簡単なことではありません。

 

 腹筋運動の際のいくつかの注意点を挙げていきますと、まずは、「膝をまげる」ということが重要です。膝を曲げないで腹筋運動を行うと、腰に大きな負担がかかってしまいます。この場合、両膝を曲げて行うよりも、片方の膝だけを曲げて、もう片方の脚は伸ばしたままで行うほうがよい場合もあります。

 

 

 

 それから、身体を起こす際に、勢いをつけて急激に起こそうとする人が多いですが、これは厳禁です。腹筋運動は、腰が基軸となる運動ですから、これを急激に行うことで、逆に腰を痛めてしまうケースが多いです。また、身体を起こす際には、「起こす」というイメージではなく、胸を天井に近づけるというイメージが大切です。

 

 これらのことに注意するのはもちろん重要ですが、加えて重視していただきたいことは、腹筋運動の際のすべての動作を「ゆっくり行う」ということです。ゆっくり行うことで、腹筋により負荷がかかることと、腰に無理な負担をかけないというふたつの側面のメリットがあるからです。

 

 

 

 腹筋運動を行う際には、これらのことを十分に留意しながら行ってください。

 

このページの先頭へ戻る